2015年4月22日水曜日

臭いご飯を消臭するという秘技を試してみた。

先日、5年以上前に購入した米を食した際、そのあまりの臭さにご飯を捨ててしまいました。

普段、食べ物を粗末にするのが嫌いな私ですが、ご飯を近づける度に鼻を引き裂くような匂いにどうしても耐えられませんでした。

しかし、古い米はまだまだ余っています。


鼻を近づけるとやっぱり臭い!
炊くと、この匂いが蒸気にのって襲ってくるので堪らないです。
しかし、なんとか、この匂いをねじ伏せて食べきりたい!

ネットで調べた情報によると、どうやら、ごはんを炊くときにお酒を入れると匂いが取れるそうです。
また、みりんを入れることで米に艶が出ておいしくなるのだとか。

というわけで、両方入れて炊いてみました。


比率としては、どちらも、お米3合に大さじ1杯が適量とのこと。




さて、炊きあがりました。



今日のおかずは、「玉ねぎを焼いただけのやつ」です。

レシピはこちら↓
http://cookpad.com/recipe/1551679

机の上にスペースが無くてmac bookの上におかずが乗っていますが気にしないでください。



肝心のご飯は果たして...

...
...
...

やっぱり臭い...

完全に消臭することはできなかったようです。

何か、酒臭さとみりん臭さと古米臭さを足して3で割ったような匂い。

ただ、以前の、あまりにも臭かったご飯と比べれば、まだ辛うじて食べようっていう気になります。


実は、これとは別にもう1つ、先日試した方法があり、こちらはかなり効果的でした。

それは、単に

「新米とブレンドして炊く!」

という方法です。

匂いの濃度が薄まります。

この方法を我が家では「抱き合わせ炊飯」と呼んでいます。(一人暮らしなので心の中で)

今後は、この「抱き合わせ炊飯」 + 「酒・みりん炊飯」の抱き合わせで、残りの古米を消費していきます!





P.S
ブログのテンプレ変えました。
しばらく色々試します。
また、しばらくは節操無く毎日更新しようと思います。
とりあえず1ヶ月ぐらいは。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿