2015年5月23日土曜日

石垣島4日目:最後は昭和の日本とジャマイカの絶妙なハーモニーで締め

驚きの安さ!1800円のランチステーキセット!


4日目は波照間島から石垣島に戻ってくる以外は特に予定を決めておらず、ブラブラすることになっていました。

戻ってきてまず最初に行ったのは、一昨日のカヌーツアーでガイドの人から聞いた、非常にお得なランチがあるお店!

このお店で180gのステーキを注文すると通常5600円するのですが、ステーキランチは何と驚きの1800円で食べられます!

しかも、ごはん、サラダ、スープもついて、このお値段!

毎日10食限定なので確実に食べたい方は早めに行くのが吉です。

月曜と木曜は台湾船が来る日らしく、台湾のお客さんが増えるそうなので、それ以外の曜日の方がランチセットをゲットできる確率は高いということでした。

ちなみに私達は開店10分後に行って何とかゲット。

どのくらいでランチセットが無くなるかは完全に日に寄るらしいのでご注意を!

また本店と美崎店があって、ランチセットをやっているのは本店だけです。私達は最初間違って美崎店に行ってしまったので、それにもご注意を!




再度釣りに挑戦!

昼食を食べ、お土産を探してぶらついた後は、また釣りに。

前回はルアーで釣ったのですが今回はエサ釣りに変更しました。すると始めて5分ぐらいで初ゲット!釣り堀以外で魚を釣ったのは初めてです!

人生で初めて釣った魚
何の魚か分からないのですが、ちっさいので、すぐにリリースしました。

その後2時間釣りを続けるも、その後は釣れず...

釣れたのは嬉しかったですが、今のところ私の感覚としては完全に運ゲーなので、私には釣りの楽しさは、まだ良くわかりません...

もうちょっと釣り道具とかに詳しくなったら楽しめるのかなぁ。

最終夜の夕食は4軒はしご

1軒目 おでん屋 メンガテー

1軒目は、おでんの店メンガテー。


何かゲームに出てきそうな名前のお店です。

お料理は基本的に おでん盛り合わせと八重山そばの2つしかありません。

おでん

八重山そば
ここの おでんは味が濃厚で非常に酒に合います!

おでんにはでっかい豚足が入っていて、これが非常に美味いです。ただ、コラーゲン部分は いっぱい食べるとさすがに気持ち悪くなってきます。

そんな時は、コーレーグス(島とうがらし)や、練り辛子をつけて食べるとさっぱり頂けます。

おでん盛り合わせは、結構なボリュームがあるので2人で一人前か、3人で2人前ぐらいがちょうど良いと思います。

生ビールは無くて、瓶ビールだったのですが、オリオンビールはなんとなく瓶の方が味が濃くて美味しい気がしますね。

八重山そばもおいしかったです。


2軒目 沖縄のザ・ファーストフード A&W




日本では沖縄にしかない?ファーストフード店。通称エーダブ。

沖縄に来たら一度は行くべしと友人に勧められたので行ってきました。

頼んだのは、チーズバーガーとポテトとドリンクのセットで800円!

高い!

名物ルートビアー
名物はルートビアーという独特の飲み物。ビアーという名前ですがノンアルコールです。

すげー薬品っぽい味がして、正直めっちゃ不味かったです。ドクターペッパーに近い味なそうな。ドクターペッパーを飲んだ事ないのでよくわからないのですが。

すげーまずいんですけど、なんと無く数ヶ月後に、また飲みたくなっている...そんな予感がする不思議な飲み物でした。

チーズバーガー
バーガーは見た目こそ見本と差があるものの、味は結構美味しかったです。

ポテト
ポテトは、もしかするとファーストフードのポテトの中で一番好きかも。細さと硬さがちょうど良かったです。マクドナルドのポテトに入っている小さくて硬っ!痛っ!っていうポテトが無いのも好印象。


三軒目 島唄ライブの聞ける店 うさぎや 新館




街を歩いていたら可愛らしい女の子がクーポンを配っていて、この後すぐにライブがあるという事だったので入ってみました。

クーポンは、1品注文すると1ドリンク無料ということだったので、既にお腹がいっぱいだった我々はアイスと泡盛を注文。

サータアンダギー&アイス(食いかけ)
唄い手の方は、歌もトークもうまく楽しめました。

また、店員さんが踊りながら太鼓を叩いてくれたのですが、それが素人とは思えないほど迫力があって見応えがありました。

北海道から来た観光客の人が参戦して歌っていたのですが、その人も歌がうまかった。

とりあえず、私も歌ったふりだけしてきました。

4軒目 レゲエバー ココソン

友人が、そのまた友人にオススメされたというお店。



店の入口からして独特な空気が漂っているのですが、入って、まずその雰囲気に圧倒されます!

全然伝わらないかもしれないですが一言で言うと昭和の日本とジャマイカを混ぜたような雰囲気です。

例えば床と天井は日本だけど壁はジャマイカです。

うす暗いので、あまり写真が取れなかったのが残念です。

辛うじてとれた店内写真
これほどまでにお店の雰囲気にこだわったお店はなかなかお目にかかったことがありません。

お店の細部にまで店主のこだわりが行き渡っており、何か店全体が特殊なオーラを纏っているような、そんな気さえします。

ただひとつ似たようなお店で思い浮かぶのが北海道で行った「ミルク村」です。あの店も独特のオーラを放っていました。

店主のドロッとした脳内イメージをそのまま混じりっけなしに形にしたような、そんなインパクトのあるお店でした。

このお店で飲むだけで少しダンディになる
こうして石垣島の最後の夜はディープに終わりました。


  • 石垣島1日目:石垣島で一番うまいと噂の焼肉屋に行ってきた。
  • 石垣島2日目:早朝からトラブル発生
  • 石垣島3日目:破格のお値段で幻のお酒をゲット

    • このエントリーをはてなブックマークに追加


    0 件のコメント:

    コメントを投稿