2015年5月5日火曜日

同人誌即売会に初参加! 売り子として活躍してきました。





コミティアに初参加してきました。

コミティアとは、東京で年4回行われるオリジナル(二次創作でない)に限定した同人誌即売会です。

同人誌即売会というとコミックマーケットが通称コミケが有名ですが、規模的にはその半分程度でさらに開催が1日だけです。(コミケは3日)

何もかも初めてだったので非常に楽しめました。



如何にして売るか


今回私が載せてもらった「カミトバ。」という本。今のところまだまだ無名のサークルなのですが、やはり出す限りは売りたいです。

私を除いて多くの先生が画力のある方ですし、売れるチャンスはあります。

売り子をしていた私の感触として、


  1. 前を通る人の10人に9人がポスターなり、表紙なりを見てくれる
  2. こちらを見てくれた人の10人に1人は、本を手にとってくれる
  3. 本を手にとってくれた人の5人に1人は買ってくれる


というのがありました。500人通過したら9人買ってくれる感じですね。

ポスターや表紙が良く、注目を集めることには成功していたので、あとは、2の「本をとってもらう率」、3の「本を読んでから買ってもらう率」を上げていくのが重要です。

"本をとってもらう率"は、ちょっと気になってそうな人がいたら「もしよかったら手にとって見て下さい!」と声掛けをすることで、ヒット率を向上させることがある程度できました。

"本を読んでから買ってもらう率"が難しく、正直、私の低い画力が、この"買ってもらう率"を下げてた感は否めません。

次回は半年後ですが、もうちょい精進しようと思います。

ちなみに、今回、何冊売れたか明言は避けておきますが、おそらく中央値よりは上で、平均値よりは下だと思います。
(中央値とは、売上ランキングで中間順位のサークルが何冊売り上げたかという数値です。)

どの時間帯に多く売れるか?

今回の売上をグラフ化しました。



お昼ぐらいから3時にかけてが売れるようです。

午前中は皆さんお目当てのサークルに向かうので、なかなか無名サークルに寄ってくれる人は少ないように思います。

午後になると、ひと通りお目当てのサークルを見終わった方々が無名サークルの方にも物色しに来てくれて、お買い上げしてくれているのではないかと思いました。

同人誌サークルの憧れ"壁サークル"


人気の同人サークルは、行列ができて人の流れの妨げになるので、壁側に配置されます。

これを業界用語で「壁サークル」というそうです。

一説には壁サークルは通常のサークルの100倍の集客力があるとか。

まじか...

しかし、本当でしょうか?

本当かどうか推測してみることにしました。

コミティアに入場する際に購入する冊子には、前回のアンケート結果が載っています。

その中に売上の統計データもあります。

また、壁サークルの数は、だいたい60サークルということがわかっています。


このグラフから上位60サークルを抽出すると、一番下の方で、約150冊を売り上げていることになります。

中央値がだいたい20冊なので、100倍の集客力ってほどでは無いようです。

(ただし、壁サークルは確実にアンケート結果を提出しているものと仮定しています。)

いずれは「カミトバ。」も壁サークルに... っと密かに思っています。

ちなみに少数の売上でも壁サークルになる裏技があるらしいです。

それは...

少数煽りといって「◯◯部限定です!」っと煽ることで行列を作る事だそうです。

行列ができると他のサークルの邪魔になるので、次回からは壁に回される可能性が高いということでした。

しかし、迷惑になるのでそういうことはやめましょう。

最後に

今回販売した「カミトバ。vol2」をご所望の方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡下さい。
1冊600円です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿