2015年9月15日火曜日

今日はシューマンさんと再合流してオスロ観光です。

9月4日。シューマンさん、昨日は地滑りのため電車が予定通りに動かなかったらしく、バスなどを乗り継いで、当初のオスロ到着予定が午後10時だったのに、実際到着できたのが何と午前3時。しかも、ホテルに誰も居なくてキーがうけとれず、そのキーを受け取るためにタクシーで別の場所に行ったりして、最終的に寝られたのが午前5時だったそうです。

自分は途中バスに乗り換えたものの、遅れは15分程度だったのでラッキーな方でした。

そんなお疲れのシューマンさんと、オペラハウス、要塞、バイキングシップミュージアム、公園、国会議事堂などを巡りました。


















公園が面白くて、銅像がたくさんあるんですが、人の一生に出くわす場面を表現しているそうです。

「いてて、ごめんなさい、もうハゲってバカにしませんっ」


「どうして、体育でいつもこいつとペアになるんだろう...」


「あー、もう、ほんと、うどんって作るの難しくて嫌になっちゃう。」


夕飯を食べて、シューマンさんとお別れしました。フェリーでちょっと話しかけたところから、こんなに長い付き合いになるとは。シューマンさんは、何処へ行っても建築のデザインや部材に興味津々で、「これは、うちでも使っている部材だ。」とか「これは、おそらく雪を溶かすために設置しているんだなぁ。」とか、色々話してくれました。建築って楽しそうな仕事だなぁと感じました。

さて、宿で少し休んで、今日は金曜日ということで近所のクラブに行きました。

11時半くらいに行ったのですが、人はたくさんいるものの誰一人として踊っていなく、みんな飲みながら会話を楽しんでいます。

欧米人がそうなのか、クラブカルチャーってそういうものなのか分からないのですが、UKでの経験的に午前1時2時にならないとフロアが温まりません。

ダンス好きで夜更かしが嫌いな僕としては、皆んなもっと早く来て、早く踊って、早く帰ろうよとっと思うのですが、なかなか世の中そうはなりません。しかし、まあ、誰も踊ってないなら、それはそれでフロアが広く使えるので、1人で好き勝手踊ってました。

そしたら、同じく1人で来たというノルウェー人の男性が一緒に踊り出して話しかけてくれました。「ここはよく来るのか?」とか、「何処から来たのか?」とか、「お前のフィーリングは良いな」、「いやいやお前こそ」、みたいな、そんな他愛も無い会話をしつつ、音楽を楽しみました。

しばらく踊っていたものの、疲れが溜まっていたので、この日は12時半くらいで帰宅しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿