2016年2月24日水曜日

超絶爆安立ち飲み屋の衝撃!〜マドリッド〜


ポルトガルのリスボンの後は飛行機でマドリッドに飛びました。

トレド

マドリッドからトレドへはバスで1時間ぐらいで行けます。私は現地ツアーを頼んでいきました。
古くて細い道がいっぱい

教会






トレドの旧市街は高い位置にあるので眺めも良かったです。



マドリード王宮



天井

残念ながら館内の多くの部分が撮影禁止。ヴェルサイユ宮殿には敵わないもののかなり豪華でした。

空飛ぶサンタ



マドリッドにも、いっぱいストリートパフォーマーがいました。こういうストリートパフォーマンス見る度に、これセッティング時はどうしてるんだろう?って思ってたんですが....













こうやってトリックを隠すんですね。

しかし、これ、種が分からない人ってどれぐらいいるんでしょう?日本人はともかく、ヨーロッパの人は見慣れていて種もバレバレな気がするんですが...


超絶格安立ち飲み屋


マドリッドで一番衝撃的だったのは、このMuseo del Jamonというお店!街のいろんな場所にあったのですが、めちゃくちゃ安い!


サンドイッチとか€1からある!グラスビールも€1!


生ハムがこんだけあってたしか€3!ビールと合わせて500円程度で贅沢な晩酌ができてしまう!日本でも、よく晩酌セットと言う名でリーズナブルなセットを提供しているお店がありますが、ここはそれを遥かに上回るコスパ!凄い!

生ハムに至っては、1人でこの量は正直多すぎで辛かった。


パエリア



どこかでパエリアを食いたいと思い、TripAdvisorで調べて美味そうなところに行ってきました。

La Barraca

TripAdvisorで星4個のこのお店、かなり美味しく、星4.5個とっててもおかしくないレベルなのですが、いかんせんウェイターさんの愛想がなさ過ぎでした。みんな腐った魚のような眼をして働いていたので、あまり職場環境が良くないのかも。味は美味しかっただけに惜しすぎる。

店員さんの愛想が悪くても気にしない人だけにオススメします。

美術館

マドリッドには見逃せない美術館が、3つあります。ティッセン・ボルネミッサ美術館、ソフィア王妃芸術センター、プラド美術館の3つ。


ティッセン・ボルネミッサ美術館

プラド美術館

ソフィア王妃芸術センター


ティッセン・ボルネミッサ美術館は、もともと個人の収集家の人のコレクションが元になった美術館だそうです。古いのからモダンなのまで幅広くありました。個人で、こんだけ集めるって、どんだけ金持ちなんだ。

プラド美術館は、撮影禁止で残念。裸のマハなど、中世の名画がいっぱいありました。

ソフィア王妃芸術センターは、ゲルニカがあることで有名な美術館です。有名な名画なので、見たらさぞかし感動するのだろうと思っていたのですが、残念ながら他のピカソの画同様、私には理解できませんでした...
(ゲルニカは撮影禁止でした。)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿