2016年3月5日土曜日

ガウディに圧倒されたバルセロナ(2015年12月24日-2015年12月25日)

サグラダファミリア


言わずと知れたガウディ設計の教会。入場には予約が必要です。

私は、こちらのサイトを参考に予約しました。
【1月更新】サグラダ・ファミリアのチケット予約・購入方法



写真で見るのは凸凹で有機的な外観ばかりでしたが、行ってみてびっくり、こんなにキュービックな教会だとは思いませんでした。


めっちゃ四角四角している


これキリスト?四角すぎない?

内部も直線の目立つ作り

中にもキュービックな人


こんなにキュービックな教会は世界広しと言えどもここだけなんじゃないでしょうか?


video
内部は音楽が流れています。


塔に登って上から景色を見ることもできます。(要予約)

塔の上に上がるとまだまだ建設中な風景も見られます。
完成は2026年予定。

塔を降りるのは階段。果てしなく長い。


カサ・バトリョ


ガウディがお金持ちに頼まれて設計した家。

入るには並ぶこともあるので入場券は事前購入がオススメです。

公式サイトのチケット購入ページ(英語)

チケットにはFast Pass付きのちょっと高いものもありますが、私が行った時はFast Passなしでもサクッと入れました。
こういうデバイスを使って説明が聞けます。

なんとAR(拡張現実)技術を使っています。デバイス越しに周りを見ると様々なギミックを見ることができます。

video


ガウディは奇天烈なデザインというイメージがあったんですが、実は機能性にもこだわっていた人らしく、取っ手や椅子なども人間工学的に使いやすいようにできているそうです。

この取手は、ガウディが自分の手の型を元に作ったそうな。

有機的な暖炉

建物の真ん中は外光を取り入れるために空洞になっています。
青いのは海をモチーフにしているらしいです。


プロジェクションマッピングの展示も



カサ・ミラ


ガウディが設計した建物で、普通の人が住居として使って住んでいるらしい。この建物、建てた当初、なかなか借り手が現れず苦肉の策で「三世代に渡って家賃は変えない。」ということにしたらしい。なので、こんなバルセロナの中心で300㎡にも関わらず家賃15万円なんだそうです。

ここは外から見るだけでした。

中の天井も、えらい波打ってて有機的



行列のできるホットドッグ屋



街を歩いていたら、めっちゃ行列のできているホットドック屋がありました。

Conesa

30分ほど並んでゲット。


たしかにうまい。けど、並んで食べるほどかと言われると微妙なところ。



生ハム


スペインの人は生ハムをよく食べるらしい。というのもスーパーにドドンと生ハムの原木が大量に売っていました。



なんと、コンビニでも売ってました!しかも安い!
25ユーロだから3000円ぐらい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿