2016年9月21日水曜日

怪しい(?)と噂のBNIに行ってきた。



意識高い系たるもの、異業種交流会への参加も掛せません。

友人に紹介していただいて世界最大の異業種交流会BNI(Business Network International)に行ってきました。

BNIとは


BNIは世界最大の異業種交流会で、普通に名刺交換して会話してっで終わりの異業種交流会ではなく交流の仕方のフォーマットが決まっています。

例えばBNIの特徴的な点として、毎週1回早朝に集まるというものがあります。時間は7時から8時半までという、なかなかハードです。

世界各地に数十人づつのチャプターと呼ばれるグループがあり、チャプターごとに交流しています。

チャプター内は利益の競合が発生しないよう参加者の業種が被らないようにされています。

今回、私は京都のチャプターにビジターとして参加させて頂きました。


会の内容


覚えている範囲で以下のような内容がありました。

毎週異なる学習のためのプレゼンテーション

今回は人が関係を築くにはVCPプロセスというのが大事ですよーっという話でした。

参加者の方のお仕事のプレゼンテーション

リサイクルショップをやっている方がご自身のショップの紹介をしてました。

全員が30秒づつ、○○な人を紹介してください!ってプレゼン

例えば、自動車屋さんが車検の近い人がいたら紹介してください!みたいな感じです。

全員が順番に、グループ内の人の仕事に繋がる紹介を○件紹介しましたーっという報告

例えば飲食店をやっているメンバーのお店を友人に紹介して、売上に繋がったら1件とか。

あと、これらとは別に、毎週BNIで紹介してもらったつながりで、いくら利益が上がったかというのを紙に書いて提出するみたいです。


費用


一番怖いのは参加費用です。

私は今回ビジターとして参加したのですが参加費は1500円でした。ビジターとしての参加は2回までしかできないそうです。

ビジターではなく正規メンバーになるには、初回登録料20000円、年会費が100000円、それとは別に会場利用費が6000円/月。だいたい1年で20万円掛かるそうです。

ざっくり言うと、BNIでの営業効果が1年あたり20万円を超えれば、参加してよかったよかったということになりそうです。


感想


私は今回京都のチャプターを見学させていただいたのですが、ノリが関西ノリでギャグとか笑いが耐えない感じの会でした。

なんか宗教みたいという噂を聞いていたのですが、あんまりそんな感じはしなかったです。

友人に聞くと、この雰囲気の良さは良い面も悪い面もあるらしく、あまりにも仲良しの集まりという感じになっちゃうとビジネス色が薄くなっちゃってBNIとして集まっている意味が薄れてしまう可能性があるらしいです。

その点、友人が以前参加していた関東のチャプターは、割りとシーンとした雰囲気だったそうです。そっちもちょっと見てみたいなと思いました。


あとは1商品の単価が高い職業の方だと数件紹介してもらうだけで元が取れるので参加のメリットが大きいのだろうなぁと思いました。

残念ながら、自分の場合は今のところ無料ゲームという至極単価が安いものを扱っています。

1人あたりの収益はおよそ20円なので、BNI経由で1万人以上にアプリをダウンロードしてもらわないと参加費を回収することができません。なかなかそれは難しい気がしています。

参加したら色々と人脈が広がって面白そうなので、赤字覚悟で参加するかちょっと悩んでます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿