2017年2月6日月曜日

個人アプリ開発者の最近の収入状況

写真は、こないだギー福寺でやったパーティーでの肉の比率が高過ぎたすき焼きです。


ここ最近の収入状況を載せていなかったので載せたいと思います。


昨年


まずは、以前も少しふれましたが昨年の8月〜12月。

8月

18,319円

9月

21,315円

10月

14,859円

11月

9,481円

12月

10,183円



11月からはシェアハウスの家賃を払い始めているので、僕の資産はすごい勢いで減っています。まだ家賃収入0ですし。


今年

1月に入って、出したアプリがAppleの新着オススメに載ったのですが、それにより広告収入がドンと増えました。


結果1月の収入は...














約1,500,000円!










なんと前の月の約150倍!アップルさんに取り上げられる威力がこんなに大きいものだとは知りませんでした!

8月〜最近までの売上をAdMob(広告ツール)のグラフで見るとこんな感じ↓



とはいえ、まだまだ全然アプリで暮らしていけるレベルではありません。
っというのも、アプリを遊ぶ人はどんどん離脱していっちゃうし、Appleのオススメからは既に消えて新規のお客さんはほとんどいないし、グラフで見て分かる通り2月の収入は、それはもうだいーぶだいーぶ下がっているからです。

さらに今回は、画を頼んだ方とサウンドを頼んだ方とロイヤリティ契約しているので、ざっくり言って僕の取り分は半分強ってところです。

早く次のアプリを当てるか、シェアハウスを満室にするかしないと息切れしちゃいます。


シェアハウスの運営


1月に入居予定だった住人は、なんかトラブルがあったそうで入居が延期になり、2月中旬から入居することになりました。

また、近所のスーパーが潰れて不便になったので、それにともなって家賃や部屋の使い方も見直すことを検討しています。

あと、ひつじ不動産を使うのも試してみようかと思います。


その他

ギークハウス京都東福寺を使って、ゲーム制作の打ち合わせしたり、ゲーム制作に場所貸ししたり、Global Game Jamひらいたり、ちょっとづつゲームクリエイターの集まるシェアハウスのコンセプトに合う事案が増えてきて嬉しいです。

あと36歳は婚活も頑張りたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿