2019年12月31日火曜日

個人ゲーム開発会社の1期目決算



会社を設立して1年が経ちました。

会社って言っても社員は自分だけの1人会社です。

うちの会社は11月決算なので、だいたい一期目の会計情報がまとまりました。

売上とか収益について聞かれることが多いので、ここにまとめます。

あまりはっきりと数値を言えないところもあるのですが、できるだけ情報を書いてます。

売上


売上は2900万ちょいでした。

前年の個人事業主のときはたしか2000万ちょいだったと思うので一応順調に増えてます。


収入


今年は過去のアプリ、特にDivideとネコの絵描きさんが稼いでくれました。それと集英社さんとの仕事(ネコの大喜利寿司)が大きかったです。

Divideに関してはパブリッシャーさんに頼んで中国でも出してもらってます。中国進出で大きく稼いでいる人も多いですが、自分はぼちぼちって言う感じで、月々の収益の10%前後ぐらいです。

パブリッシャーを通していないアプリの収益は、ほぼほぼアプリ内広告です。アプリ内課金はあまり収益をあげられていません。

Divideは海外での売上比率が高く、日本を1として海外2ぐらいの売上があります。海外の中では、アメリカが最も高く、次にインド、その次が韓国という感じです。インドは、1人あたりの収益はめちゃくちゃ低いんですが、すごく多くの人が遊んでくれているようです。

ちなみにDivideは画面イメージを明るくポップにしてみたいんですが、評判はあまりよくないみたいです。戻すかも。

Divide Number Puzzle
Divide Number Puzzle
開発元:Ken Watanabe
無料
posted withアプリーチ

ネコの絵描きさん-絵心を育てるアプリ
ネコの絵描きさん-絵心を育てるアプリ
開発元:Ken Watanabe
無料
posted withアプリーチ

支出


広告宣伝費に1000万ぐらい使っています。これはほぼGoogle Adsで「ネコの絵描きさん」と「Divide」の広告出稿費用です。

あとは外注費が300万ぐらい。プログラム、イラスト、楽曲、あとはポッドキャスト出演料なんかもここに含まれます。

法定福利費(年金、保険)が150万ぐらい。

役員報酬(自分の給料)が700万ぐらい。

接待交際費が90万ぐらい。

旅費交通費が100万ぐらい。今年は海外出張や東京出張が結構ありました。

通信費が80万ぐらい。これは主にNCMB(モバイルバックエンド)の料金が大きいです。値上げされたのが痛いです。

賃借料(主にコワーキングスペース代)が20万ちょい。

あとは備品消耗品費が60万ぐらいです。


今年リリースしたアプリ


今年リリースしたアプリは2つあるんですが、2つとも大赤字です。反省点は多々あります。

Nine Dotsというアプリは4万円ぐらい、Osoloというアプリは20000円ぐらいしか売上がありません。

Nine Dotsはパッと見のルールの分かりにくさ、Osoloは単調すぎたのかなと思っています。
もっとこうしたら良いのに... っていうご意見お待ちしてます。

集英社さんから出したアプリもあるんですが、こちらもサービス終了となってしまいました。

ここのところ、収益を上げるアプリをリリースできてないので焦燥感があります。
来年は何とかないと...

Nine Dots - Math Puzzle -
Nine Dots - Math Puzzle -
開発元:Ken Watanabe
無料
posted withアプリーチ

Osolo
Osolo
開発元:Ken Watanabe
無料
posted withアプリーチ

営業利益


営業利益は460万ぐらいでした。ここから税金を100万ぐらい収めます。
とりあえず、これで来年は生活できるかなと思ってます。


税理士さん

今年から税理士さんと契約して見てもらっています。お安くしてもらって入るのですが、それでも月々の固定費として結構かかります。

結構高いのですが、会計処理はわからないことがたくさんあって色々と直してもらったので契約してよかったなと思っています。

自分の使っている会計サービス(MFクラウド)の扱いに慣れた方だったので、大変助かりました。


来年

今年ヒット作を出せていなく、また集英社さんとの仕事も一旦終わるので来年は売上減少するんじゃないかと思っています。

ヒット作を出さないとヤバいという焦燥感はあるのですが、来年は今までよりもう少し長い開発期間をとってゲーム開発をしようかと思っています。

そんな本業がヒット作出せていない中、アナログゲームを作りはじめちゃいました。
3月8日のゲームマーケット大阪2020に出展予定なので、もしよかったら来て購入していただけたら嬉しいです。(しかし利益率低いので、これでは全然食っていけない...)

デジタルゲームに関しては、温めている企画が何個かあるので、そのうち2つぐらいを来年はリリースできたら良いなと思っています。

まとめ

どうだったでしょうか。

なんとか自分の好きなゲームを作ることで食べて行けてます。

たまに私がものすごーくゲームで稼いでいると思っている方がいるんですが、数100万ダウンロードとか叩き出している方々と比べると全然稼げていないです。難しい世界ですね。

老後2000万必要とか言われているし、もっと稼がないと...っと焦っています。

来年はヒット作が出せるようにがんばります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3 件のコメント:

  1. 面白い記事をありがとうございます
    個人的に広告の効果がどれくらいあったのか気になります

    返信削除
    返信
    1. 読んでいただきありがとうございます。
      ちゃんと計測はしていないのですが広告の効果は、広告100万掛けて、+10%ぐらい儲かるって感じですかねぇ。
      ただ、それだけだと収支の計算が合わないので、自然流入を考慮したり長い目で見るともう少し効果は大きいのだと思います。
      1アプリあたりの収益が少なくとも最低でも30円、1Day継続率が30%以上はないと広告出稿はなかなか厳しいですねー。

      削除
  2. I admit, I have a tremendous sex drive. My boyfriend lives forty miles away. Click here and Check me out i am getting naked here ;)

    返信削除