2019年2月4日月曜日

今まで開発したアプリのタスク数

自分はタスク管理はテキストエディタでしており、行ったタスクはメモとして残しています。今回、今まで開発したアプリのうち、記録の残っているアプリのタスク数を数えてみました。


  • English Ear 約35個
  • English Time 約40個
  • Make 10 約65個
  • 1分間卵 約80個
  • Divide 約180個
  • Metasequire 約235個
  • Economicity 約300個
  • もぐらたん 約335個
  • Solokus 約340個
  • ネコの大喜利寿司 約460個
  • ネコの絵描きさん 約540個


※このタスク数には、友人に外注した分のタスクは含まれておりません。
※アップデート作業のタスクも含まれます。ネコの絵描きさんのタスク量が多いのは長くアップデートをしているからです。

まとめ


収益を考慮するとDivideはタスクが少ないのに結構稼いだ非常に優秀なアプリということになります。

また各アプリの開発期間を思い出してみると、ざっくり100タスクをこなすのに1ヶ月掛かっている印象です。
この結果から、今後開発するとき、事前にタスクを洗い出せれば、大体の開発期間が見積もれそうです。
ただし実際にはタスクは開発中に徐々に増えるので、見積もり精度をあげるにはタスクの増加速度も計測する必要があります。

見積もり精度をあげるために、このような計測は有効だと思います。

gitで管理している人はcommit数見れば簡単に計測できますね。自分はgit使ったり、Unity Teamを使ったりまちまちなので、今回はメモに残したタスクの数で計測してみました。

何かの参考になれば幸いです。


P.S

今、抱えているネコの大喜利寿司のアプデタスクが50個ぐらいだから、だいたい2週間ぐらい掛かるという見積もりができてゲンナリしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月3日日曜日

昨年の目標達成率と今年の目標

昨年の目標

ゲームを賞に出す

Google Indie Games Festival他、いくつか出してGoogle Indie Games Festivalでのみ賞を頂いた
達成度100%

尖ったゲームを作って東京ゲームショウに出す

ネコの絵描きさんは2017年リリースだし、2018年は尖ったゲームを出せなかったかなぁ。
東京ゲームショウは他の予定と被って出展できず。
Metasequireが少し尖ってたことと、2018年にはリリースできなかったものの大喜利寿司も少し尖っていたので達成度30%

マネタイズのよくできたゲームを作る

Metasequireでチャレンジしたけど、うまく回らなかった。
達成度10%

新しいヒット作を作る

Metasequireも、おしのびさんもヒットには程遠い状況だったので達成度0%

法人化して人を雇う

法人化したのと、プログラムを一部外注したりしだしたので達成度100%

技術ブログを精力的に書く

ほとんど書けず達成度10%

読書時間をとる

ほとんど時間を取れず達成度0%

ジムに通う

通えず達成度0%

昨年のまとめ

自分の感覚的にはトータル達成度50%ぐらいでしょうか。
昨年はGoogle Indie Games Festivalで賞を頂いたことにより色々と年間計画が変わってしまいました。
ゲーム開発以外の達成度が低かったので、もっともっと開発効率をあげて、生活に余裕時間をつくりたいですね。

今年の目標

新作を2本リリース

2年ぐらい前は1ヶ月1本を目指していましたが、そのペースで作れるゲームで収益をあげるのが難しいと感じているので、とりあえず半年に一本は出したいです。
既存のゲームの運営もあるので、あまり無理はしない感じで。

マネタイズのよくできたゲームを作る

マネタイズの知見が溜まってきたので、それを活かしたゲームを作りたいです。

尖ったゲームを作る

今年は収益が安定化する見込みなので、安定しているうちに色々と遊びたいです。

アプリを運営して継続して収益を得ることを学ぶ

運営を頑張るよりも新作ゲームを作るほうが好みなのですが、ゲームを作っていく上で運営というのも学ばないとお金を稼げないなと思っており、今年は少し頑張ってみようかと。

月に1冊読書レビュー

少ないですけど、去年は全然本を読めなかったのでこれぐらいで...

ジムに通う

運動不足が続いているので今年こそは通いたい




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年1月1日火曜日

個人ゲームアプリ開発者の売上状況 〜3年目のトータル売上〜

昨年(2018年)の売上はだいたい1200万ぐらいでした。広告収益が95%以上です。1200万から、広告費やイラスト、音楽、プログラム等の外注費、出張費や開発機材等の経費を除いたものが収益になります。

広告費が高くて昨年は650万ぐらい使いました。ほぼ全てGoogle広告です。

日本国外売上は約15%でした。広告を打っているのがほぼ日本国内だけなので、どうしても海外比率は低くなります。自分のアプリの1インストールあたりの収益がもう少し高ければ海外でも広告を打てるのですが、現状では難しいです。

また、上の売上にはジャンプ+賞でいただいた制作費は含まれておりませんので実際の売上はもう少し高いです。

アプリの売上は、ほぼ2つのアプリからです。

「Divide」と「ネコの絵描きさん」が550万円ぐらいの売上。それに続いて「Solokus」が70万円ぐらいの売上です。

「Solokus」は2017年の1月頃にリリースしたゲームですが、まだ細々と稼いでくれています。

「Divide」はさらにその前、2016年の8月頃にリリースしたアプリですが、広告を打ち続けた結果、安定して売上を上げてくれています。

逆に稼げていないアプリは全然稼げていなくて、今年4月にリリースした「Metasequire」というゲームは1万円ほど、「おしのびさん」は1万5千円ほどという売上でした。

凄く極端ですね。

頑張って作った「Metasequire」や「おしのびさん」が1万円ぐらいの売上なのに対して、独立初期に習作として作った「Make 10」というアプリが今年も地味に5万円ぐらい稼いでくれたりしています。

分からないもんですね。本当ギャンブルみたいです。

今年はもう一本「Divide」や「ネコの絵描きさん」のような収益の柱となるゲームを出せるよう頑張りたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

刺激にまみれた2018年まとめ

刺激中毒者として昨年は刺激に恵まれた年でした。
自分用のログとしてとっておきたかったので、どんな年だったか月ごとにまとめました。


1月


  • 地元紙 岩手日報の元旦特集で、岩手県民で活躍する人的な形で掲載される。





2月


  • 福山雅治主演「MANHUNT」という映画で、一瞬だけ映画に出る
  • アプリ「Divide」が韓国でちょっとだけブレイク


3月


  • シェアハウスの入居者が3人いっきに抜ける
  • 京ゆに の運営を引き継ぐ


4月




5月




6月


  • 黒川塾にゲストとして呼ばれて、インディー開発についてしゃべる


7月


  • 「ネコの絵描きさん」大型アップデート
  • 「ネコの絵描きさん」、Google Playでフィーチャーしてもらう


8月


  • ギークハウスを閉じる
  • 引っ越し


9月




10月

特に何もなかった...

11月




12月




まとめ

上記の中で自分の力でできたものは2〜3割で、あとは運が良かっただけなので、今年は昨年よりも落ち着いた年になると思います。
それでも自分のできる範囲で何かしら刺激を求めて行こうとは思います。なにか面白そうなことがあったら教えてもらえると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月4日木曜日

NipponNordic Universe Accelerator に行ってきた その3

 

ご飯

昼ごはんは、みんなで学食、朝夕はそれぞれテキトーにご飯を食べていたのですが、3回ほど、みんなで 料理を持ち寄りのパーティーがありました。

僕と、Hiroさんという独身年長者コンビは、結構頑張って日本の料理をレペゼンしてきました。そのために、アジアンショップで醤油やみりんをゲットしました。ただ、 鰹だしはこちらでは売っておらず苦戦しました。

自分は2回ほど豚の生姜焼きを作ったのですが非常に好評でした。

Hiroさんは、日本からかつおだしを送ってもらっていたので、それを使って揚げ出し豆腐を作ってました。すごい!

学校内の大きいキッチン

第一回持ち寄りパーティー 

Hiroさん特製鶏の照焼

わけん作 なすのごま油炒め

第3回目の 持ち寄りパーティー

Hiroさんは、この日、3品作っていました。

わけん作 豚の生姜焼き 大好評につき2回作りました。



 今回用意してもらえたもの

  • 3週間分の学食お食事券
  • 宿泊場所
  • 個人作業用の場所
  • PC
  • ペンタブ
  • Adobe系のソフト
宿泊場所外観 寮みたいなところ

内部。左手にトイレとシャワー。ベッドは2つあったけど1人部屋でした。

内部。反対側からの写真。右手に小さいキッチンがあります。冷蔵庫も。

作業部屋
それぞれに割り当ててもらった作業机。
机が電動で高さを変えられるのが嬉しかったです。



持ち物について

持っていった物

  • パスポート
  • 財布
  • 常備薬
  • 鼻毛カッター
  • 耳かき
  • 爪切り
  • 電源アダプタ(コンセントの形が日本のとは違う)
  • 延長コード
  • 電源ケーブル
  • PC
  • マウス
  • iPad Pro
  • iPad Pro Pencil
  • iPhone(現地のSimを買って利用していた。2000円ぐらいで60Gだった。安い!)
  • iPhone充電ケーブル
  • Android端末(デンマークでもAndroid端末で確認するような仕事ができるように)
  • Android充電ケーブル
  • 電動歯ブラシ
  • 電動歯ブラシ充電器
  • ちっちゃいカバン
  • 雨具
  • メガネ
  • メガネ拭き
  • 着替え
  • シャンプー(念の為国産のを持参)

持っていけばよかったもの

  • 醤油などの日本的調味料(外食すると1食2000円ぐらいするので自炊は重要でした。醤油、みりんは一応アジアンショップにもありました。出汁や鰹節はアジアンショップでも売っていなかったです。)
  • 日本的なお菓子(みんなに配るように)
  • 麦茶(ノンカフェインのお茶が見つけられなかったので)
  • ドライヤー(なかった)
  • モバイルバッテリー(ポケモンGoが捗るかもしれない)
  • 名刺(意外と配るタイミングがあった)
  • 歯磨き粉(持っていくの忘れた...)


意外となくてもなんとかなった

  • タオル(部屋にあった)
  • ハンガー(ハンガーではないが、部屋に洗濯物を干す機材があった)
  • ボディソープ(荷物になるしシャンプーで代用)


持っていったけどあまり使わなかった

  • 洗剤(洗剤は自動で追加される洗濯機だった)





自分のプロジェクト


今回、私が企画したのは農場ゲームにプログラム的な要素を加えたものでした。

人によっては反応がいまいちだったのですが、クリエイターの方には好評な事が多かったです。特にプログラマーの方には非常に好評でした。

プログラミングに縁遠い人にプログラミングの楽しさを知ってもらいたいという思いから、万人受けしそうな農場ゲームというフォーマットをチョイスしたのですが、この調子だと農場はそのままに、もう少しハードコアゲーマー向けにアレンジした方が良いかもしれないなと感じています。

Game Expo

ピッチの準備をしている最中に、急遽、Viborg Animation Festival 内で開催されているGame Expoというコーナーに、自分たちのプロジェクトの説明を展示できるということになりました。急遽、説明用のポスターや名刺なんかを用意しました。

始まるまでどういうものか全然想像できなかったのですが、BitSummitや東京ゲームショーの超小さい版っていう感じでした。会場も小さい体育館をそのまま利用したものだったので、そんなに大きくなかったです。出展者数も10あるかないかぐらいな感じで、初日(ビジネスデー)の来客者数も100人いるかいないかという程度でした。正直、もうちょい頑張れ!って思ってしまいました。

Game Expo 入り口

Game Expo 全体俯瞰

Game Expo内 Nippon Nordicの展示


ちなみに、 そこでたまたま偶然、以前キューゲームズ(京都のゲーム会社)で働いていたという人に会いました。共通の知り合いも多く、世界は狭いと感じました。

来年について


このように大変ありがたいNNUAなのですが、来年も開催されるのかどうかは微妙なところなようです。

主催者の方は開催に積極的なようでしたが、開催できるかどうかは予算を取ってこれるか次第のようでした。

また来年やるなら、もっと広い国から募集を募りたいというようなことも言っていました。

来年あるかどうかは分からないのですが、もし開催された場合、以下のような人には非常にオススメです。
  • 常に刺激を求めている
  • 1ヶ月休みが取れる
  • 英語力が高い
身も蓋もない言い方をすると いっぱいお金を出してくれる非常にありがたいプログラムなので、是非、日本の優秀な作家さんに数多く応募して欲しいです。

もし開催が決まったという情報が入りましたら、私も積極的に宣伝しようと思います。

P.S
2019年の開催が決まったそうです。2019年は韓国も含めてNiNoKo Universe Acceleratorになるそうです。
https://universe-accelerator.com/

感想

デンマークに行く前は英語でプレゼンなんて本当にできるのだろうかと不安だったのですが、事前に台本をちゃんと作ったともあり、なんとか無事終える事ができました。

プレゼンの様子はこちら。

英語でプレゼンできるんだという自信がついたのと人脈が増えたことが今回一番の収穫でした。

今回、私が企画したプロジェクトは何の賞にも引っかからなかったのですが、色んな人に発売を期待しているって言われたので、もうちょい開発頑張ってみようかなぁって思ってます。

なんか『その3』は書きたいことを詰め込みすぎたせいで長くなっちゃいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月3日水曜日

NipponNordic Universe Accelerator に行ってきた その2

参加するには?


英語で履歴書と自分のやりたい企画の案を書いて提出します。

書類選考に受かると、Skypeでの面接があります。たどたどしくても良いので英語での面接を乗り越えられるぐらいの英語力が必要です。

あとは運次第です。その年の運営側の好みとか、メンバーの組み合わせとかも重視しているようです。


英語力について


参加した日本人は留学や仕事で海外滞在歴のある方が多かったのですが、海外旅行は好きだけど留学経験とかはない人とか、ゲームのチャットで英語を勉強したという人もいました。

自分の英語力はというと、セブ島に1ヶ月、ロンドンに5ヶ月留学したことがあり、英語の勉強も長い間そこそこ頑張ってきました。TOEIC対策をばっちりした上で一度だけ900点をとったことがあります。

そんな僕は、海外メンバーのプレゼン内容や講義の5割ぐらいしかわかってなかったと思います。日常会話はそこそこ行けるんですけど... もっと英語力があったら、もっと楽しめたのになぁと思いました。

このように言うと英語に自身がない人が応募しにくくなっちゃうかもしれないのですが、実際のところコミュニケーションに積極的でさえあれば結構なんとかなると思います。


Viborgの街

会場はデンマークのViborg(ビボー)という街です。デンマークで3番目の都市との触れ込みでしたが、体感的には結構田舎でした。







日本の数万人規模の地方都市って感じです。静かで自然が多く、それなりにお店もあるし非常に過ごしやすかったです。

田舎とはいえ北欧なので物価は結構高かったです。特に外食は1食2000円ぐらいはしました。

一度、Viborgで一番うまいと噂のレストランに行ったのですが、料理6品とワイン3杯で10000円ぐらいでした。非常に美味しかったのですが、たぶん日本だったら5000円ぐらいの内容でした。


レゴハウス

プログラムの途中の土日を利用して、レゴランドとレゴハウスという施設に遊びに行きました。レゴランドは、そこそこって感じだったのですが、レゴハウスがめちゃくちゃ良かったです。

レゴハウス外観

レゴでできたレゴハウス

レゴの滝

写真では、でかさがなかなか伝わらないけど、すごくでかいレゴでできた木


レゴでできた家なのかなぁと思って全然期待せずに行ったのですが、最先端のエンターテイメント施設でした!

入り口で係のお姉さんに、全部見るのに何時間ぐらい掛かりますか?っと聞いたら、3時間と言われました。入るまでは「またまた、そんな時間掛かるわけ無いじゃん」って思っていたのですが、これは一日中楽しめるかもしれん...って思いました。

全くレゴに思い入れのなかった僕で、これなのでレゴ好きが行ったらやばいと思います。

デンマークに行ったなら絶対行って欲しい施設です。

詳しく書くと長くなるので割愛するのですが、以下のブログの紹介がよくまとまっていました。

デンマークのレゴハウスが想像以上に面白かった



次回へ続きます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月2日火曜日

NipponNordic Universe Accelerator に行ってきた その1

2018年9月2日〜28日まで NipponNordic Universe Accelerator というプログラムに参加してきました。

主な作業場所となった学校の中庭


1回で説明するのは大変なので、今日から3回ぐらいに分けて説明しようと思います。

NipponNordic Universe Accelerator とは

公式ページ

8人の北欧人アーティストと8人の日本人アーティストが最終週に行われる英語でのピッチ(プレゼン)へ向けて、約1ヶ月作業するというプログラムです。

最初の週はプレゼンの練習とか、元ピクサーの人のストーリー作り方講座とかがあり、その後の2週間で、外国人メンターの元、プレゼン用に企画を詰めていきます。

4週目は、偉い人の前でピッチをしたり、Viborg Animation Festivalが開催されているのでそれに参加したり、ゲーム関連のプロジェクトの人には、そこで開催されているGame Expoというイベントに出展したりします。

一応偉い人の前でピッチをするという最終目標はあるのですが、自分は、参加前によく理解しておらずデンマークに安く行けるプログラムっと思って参加しました。

当初は、掛かる費用の一部を払うという話だったのですが、結果的に、航空券代、宿代は出していただきましたし、他にも食事券があったり食事をごちそうしてもらったり。ほとんどお金は掛からなかったです。

参加者

私はゲームクリエイターとして参加しましたが、主催がアニメーションの学校ということもあってアニメーション作家の人が多かったです。特に北欧側の人は、そのアニメーションの学校の卒業生が多かった印象です。

日本人側は、インディーゲームの会社を経営している方、CGアニメーションの会社で働いている方(1ヶ月休みをもらえたらしい)、アニメーション作家の方、理系の学生、などなど幅広い方が参加されていました。

ちなみに参加した日本人のうち3人とは共通の友人がいたので世界は狭いなと感じました。

ピッチ(プレゼン)

ピッチとは、端的にいうとプレゼンテーションの短い版のようなものらしいです。

今回は10分の説明と、1分の質問タイムでした。

ピッチした会場


ピッチを聞く審査員の方は7人で、アニメーション関係の方が多く、がっつりゲームの人は1人だけでした。前回はもう少しゲームの人がいたそうです。

なので残念ながら、ゲーム業界の人にとっては、ピッチをして、その後なにかにつながる可能性は低かったと感じています。

ピッチの後には、一応、審査員による賞もありました。

  • アヌシー国際アニメーション映画祭でピッチできる権利がもらえる賞
  • サニー・サイド・オブ・ザ・ドック(ドキュメンタリー映画祭)でピッチできる権利がもらえる賞
  • レジデンスの9ヶ月間延長がもらえる賞
  • 急遽設けられたゲームの特別賞

の4つです。上2つは、アニメーション寄りの賞なので、ゲームの人にはあまり関係ないですね。

あまり知らなかったのですが、アニメーション制作の場合、こういうピッチでスポンサーを見つけて制作費を工面するということが多いのだそうです。

ゲームだと、たぶん、そんなに多くないですよね? キックスターターを使って資金を集めたゲームが少しあるぐらいでしょうか? 海外だと多いんですかね?



次回へ続きます。





  • NipponNordic Universe Accelerator に行ってきた その2
  • NipponNordic Universe Accelerator に行ってきた その3

    • このエントリーをはてなブックマークに追加