2015年12月5日土曜日

ロンドンライフの感想


最初3ヶ月ぐらいは、ご飯はまずいし、物価は高いし、街や地下鉄は汚いし、嫌なところばかりが目についてもうこんなところ嫌だと思っていましたが、嫌なことに慣れてしまった今となっては、公園が多いし、クラブやバーが多いし、古い建物はかっこいいし、もっと住んでいたいという気分になりました。

もともとイギリスに住むのが夢だったからイギリスに来て、けど一旦嫌いになって、また好きになれたので、まあ、来て良かったなぁと。

正直、この5ヶ月が自分にとって、どんだけプラスになったのかは分からないんですが、この先の人生でそのうち何かしら意味付けされるんだろうなぁと思います。

ロンドンライフで一番嬉しかったのは卒業式でSense of humor awardを頂けたこと。涙ぐみました。



次に嬉しかったのは牛が海外デビューできたこと。あの格好で1人街なかを歩くのはドキドキでした。



あとは外国人とのコミュニケーションが本当に面白かった。文化の違いを知るのも面白いし、全然違う文化なのに同じような事を感じてたりするのも面白い。

例えばチリの人もメキシコの人も自分の国では経済格差があって、それが非常に問題だと言っていました。アメリカ大陸からロンドンに留学に来ている彼らは地元ではかなり裕福なはずですが、そういう人たちがちゃんと経済格差を問題と認識している。見た目も文化も違えど、共通のモラル感覚があるのだなぁと分かって嬉しかったです。

外国人にも日本人にも多くの友人ができました。きっとそれらの方々との関係は今後の人生で、どんどん大きな財産になっていくのではないかと思います。

クラブにもたくさん行きました。日本でクラブに行った事はたぶん10回未満だと思うのですが、イギリスではほぼ毎週行ってました。多い時は、週に2、3回行ってました。皆んなノリが良いし、アジア人が1人で踊ってると構ってくれることが多く、楽しかったです。ジャンルも多様だし、イベントもたくさんあるし、間違いなくロンドンはクラブ好きにはたまらない国です。

会社を辞めて勿体ないと言われることがありますが、この半年で、とりあえず半分ぐらいは取り返したかと。

もう半分はこれから。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


0 件のコメント:

コメントを投稿