2015年5月30日土曜日

イギリス留学は、どのキャリアで、どの携帯が良いか


イギリス留学を控えて、英国でのSimをどこのものにするか、また、Simフリーの携帯を買うとしたらどれが良いかを調べました。

イギリスのキャリア


イギリスにはだいたい4つのキャリアがあります。

 特徴
VodafoneシェアNo1でネットワークが
O2シェアNo2。国営なので固定電話とのつながりが
EEヨーロッパで広く展開しているOrangeとT-mobileのベンチャー
Three一番安

こちらのサイトによると、これらのキャリアの4G回線の周波数帯域は、

 800MHz(B20)1800MHz(B3)2600MHz(B7)
Vodafone×
O2××
EE
Three×

になります。自分の携帯がこれらの周波数帯をカバーしていないと回線が利用できないので、この情報は非常に重要です。

スタンダードな料金プランをピックアップすると、だいたい以下の様な感じでした。
Vodafone
値段通話時間()TextsData
£10150無制限500MB(3G限定)
£20500無制限2GB
£30無制限無制限4GB
£40無制限無制限6GB
O2
値段通話時間()TextsData
£102501000500MB
£1575020001GB
£20150040002GB
£25300040004GB
EE
値段通話時間()TextsData
£10150無制限500MB
£15500無制限2GB
£251000無制限4GB
Three
値段通話時間()TextsData
£101003000500MB
£153003000All-you-can-eat
£255003000All-you-can-eat

Vodafoneはちょっと高い感じがしますが、その代わりFreebeeという特典がつくようです。

Threeの£15、£25は、データ定額のようなものらしいのですが、ティザリングには使えないとか、2Gまでしか使えないとかいう情報があります。


Simフリー端末


今コスパの高いSimフリー端末というとZenfone5、そして最近日本版も出たZenfone2です。
他にもあるかもしれませんが、今回はこの2つの携帯の国内版(日本版)とグローバル版を調べました。
Zenfone5もZenfone2も最初にグローバル版が出たあとに、日本の周波数帯域もカバーした日本版が出るという流れを経ています。

また日本版の方が、少しだけお値段が高くなっています。

これらの対応周波数を表にすると、こんな感じになります↓

機種値段周波数帯
Zenfone2(国内)2100(B1)/850(B5)/1700/2100(B4)/
1800(B3)/1900(B2)/800(B18)/
900(B8)/800(B6)/1700/
1800(B9)/800(B19)/700(B28)MHz
Zenfone2(グローバル)ちょっと2100(B1)/700(B17)/700(B29)/
850(B5)/1700/2100(B4)/1800(B3)/2600(B7)/1900(B2)/800(B18)/
900(B8)/
800(B20)MHz
Zenfone5(国内)ちょっと800(B19)/900(B8)/1800(B3)/
2100(B1)/
2600(B7)MHz
Zenfone5(グローバル)700(B28)/900(B8)/
1800(B3)/2600(B7)MHz

赤字は、イギリスで使える周波数帯です。


んで、どれが良いか


プラチナバンドである800MHz帯を使いたいとなるとZenfone2(グローバル)の一択ですね。
お値段も国内版より安いのが魅力です。だいたい2万6000円ぐらいで買えます。

気になるのは、国内で使えるかどうかです。自分の場合は国内では電話として使わないつもりでいるので、そんなに問題はないのですが、一応気になります。

こちらに日本のキャリアの周波数が載っているのですが、
http://japan.tokyork.net/gadget/android/zenfone-lte-japan/
これによると、Zenfone2なら、グローバル版でもそこそこ回線拾えそうですね。

softbankの周波数帯に関して言えば全てカバーできているようです。

というわけで私はZenfone2のグローバル版(輸入品)を購入しようと思います。

キャリアとプランについては、データ通信重視でThreeの£15プランを使ってみようと思います。

ティザリングができなかったら、EEの£15プランに乗り換えようと思います。




もし、この記事を参考に購入される際は、念のため、今一度キャリアの周波数帯と機種の周波数帯をご確認下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2 件のコメント:

  1. 自分が住んでいたときは、数10ポンドの端末に月5〜20ポンドほどTop-upして、基本Textsで通信するのが普通だったから、隔絶の感やね。
    当時はiPhoneやスマホはなかったし。

    返信削除
  2. 初投稿ありがとうございます!
    スマホが出てきたことで大幅に変わったんでしょうね。
    ありがたい時代になりました。

    返信削除